読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

青年海外協力隊に行っていた弟の帰国( My brother came back to Japan from Bangladesh)

バングラデシュに青年海外協力隊として行っていた弟が今日実家に帰ってきました。
2年振りの帰国で、勿論私を含め家族が会うのは2年振り。
My younger brother came back to Japan from Bangladesh. He left 2 years and of course I and my parents didn't meet him 2 years.

8ヶ月に1度しか帰ってこない私と、2年ぶりの帰国でもう少ししたらタイの大学院に留学するためということで半年ほど(の予定)フィリピンに語学留学へ行こうとしている弟。
11月上旬には日本を発とうと計画中なので、実質1ヶ月強しか家族全員が実家にいることはありません。
I come back Japan once in a 8 month. My brother came in 2 years, plan to go graduated school in Thailand next year and study English in Philippines soon.
I plan to leave Japan at the beginning of November so our family stays in my house together only 1month.

弟の仕事や私の仕事を船で治療を受けてくれるゲストに言うと、十中八九「両親は寂しくないのか?」と聞かれます。当然のことだと思います。
When I told my guests on the ship about me and his situation, they ask me that your parents don't worry about their children.
I understand their feeling definitely.

ただ、私の名前は潤で弟は憲。父親が海外で働いて欲しい、また働いた時に海外の人が呼びやすい名前にしようという思いが込められていると両親から以前聞かされました。
But my name is Jun and his name is Ken.
Why my parents gave us such a name is because they hope we work abroad and when we work overseas actually, these name is easy to be called from foreigners.

母親から「子供たちがそのように育ってくれて嬉しい」と言われています。そう言われたとき、なんていい両親から生まれたのだろうと本当に感謝したのを覚えています。
So my mother told me that I am happy because you work abroad and our dreams comes true.
When I hear this message from her, I really appreciate that I was born from really really nice parents.

次こそは自分の働いている船に家族を招待出来ればと思っています。がんばらないと。
I think that I will invite my parents during next contract seriously. Just do it.