読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

メモ

第2中手骨を使って頸部の痛みを取る。 第2中手骨からラインを引いて、相手が訴える痛みの場所にラインを引きます。 当該部位に伝わったら、第2中手骨を「コツンコツン」と少し動かすと、その該当部位に「コツンコツン」と響きます。 観えないラインは、実…

治療感想メモ 2日目

ある治療院で治療を受けた時の私のメモ。 当日と翌日の計2回をわけて載せます。今回の掲載は2回目。 ちなみに、主訴は以下の通りです。 1.左脛の知覚鈍麻 2.左肩甲骨内下側部の知覚鈍麻 3.集中力が散漫 4.記憶力が悪い 前日と比べ、1と2はましになったもの…

治療感想メモ 1日目

ある治療院で治療を受けた時の私のメモ。 気になったことは言われたことなども項目に分けて書きました。 当日と翌日の計2回をわけて載せます。 ちなみに、主訴は以下の通りです。 1.左脛の知覚鈍麻 2.左肩甲骨内下側部の知覚鈍麻 3.集中力が散漫 4.記憶力が…

セミナー復習(メモ) 副神経、奇静脈など

副神経:第11脳神経であり、胸鎖乳突筋と僧帽筋を支配。 延髄根と脊髄根があり、後者はC1〜6の側索から脊椎間を上行する間に一本となる。延髄根と脊髄根はともに頚静脈孔からでるが、延髄根は迷走神経の枝と一緒になって、軟口蓋、咽頭、喉頭、食道の横…

頭蓋骨からさざなみを触れる 頭蓋に触れること2

(あらすじ) 6月上旬に参加した「頭蓋」のセミナーのまとめ まず、硬膜へのアプローチから。 硬膜は頭蓋骨の内面(骨膜の内側)だけでなく、大脳鎌、小脳鎌、小脳テントという3箇所が頭蓋内に硬膜の中隔(しきりみたいなもの)としてあります。 今回は代表的な頭…

頭蓋に触れること

6月4・5日と「頭蓋」のセミナーに行ってきました。 そこで学んだことを自分のメモも含めて綴っておこうと思います。 頭蓋? どうやって治療するの?? とみなさん思われるかもしれません。 もし頭の中を治療できたら、素晴らしいだろう。 そう思われる方もい…