英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

自分の施術の特徴の考察 〜関節の詰まりと隙間を見つける〜

ご贔屓にしていただいている患者さんから僕の施術の特徴をうまく表現していただきました。

 

「先生は関節の隙間を見つけて施術するのが得意ですね。」

 

自分の施術の強みって何なんだろうとずっと考えていました。

人より強く揉むことに抵抗はない(強く揉むのが嫌いという人もいれば、強い刺激に対する拒否感など色々なセラピストがいます)し、人より強い刺激を入れられるとは思っています。

でもそれって本当に強みと言えるのかとも思いますし、患者さんの身体の反応から強い刺激を入れているだけであって、何でもかんでも強く刺激したいわけではありません。

 

個人的には誰よりも強い刺激と誰よりも弱い刺激ができる施術家になりたいと思っています。

 

「骨盤矯正」や「美顔鍼」など短く表現できる自分の施術の特徴がないことに戸惑いがあったのですが、今回指摘してもらった言葉に自信を持って「関節の隙間」を見つけるのが得意だと言っていけるように頑張りたいです。

 

「関節の隙間」って何なのかも改めて考えておきたいと思います。関節は骨と骨をつなぐ場所で、ドアでいう蝶番に当たるところです。

 

マッサージといえば筋肉をほぐすもので、酸素不足によって硬くなった筋肉に対し刺激を加えることで酸素ないし栄養を与え柔らかくするというイメージを持たれると思います。

僕の施術はマッサージを通して筋肉を柔らかくしますが、それとは別に動きの中で生じる不具合にも重点を置いています。

「動き」というのは「骨が筋肉や種々の膜によって動かされ、関節を通して力が体幹から抹消へ、また、末梢から体幹へ伝わっていく様子」をいいます。

関節には理想とされる動きがありますが、重力や食べ物、日常の動作などで固まってしまい、クセができて関節に偏り、強張りができます。

それは単純に筋肉をほぐすことで解消される部分もありますが、一方で、関節を動かすことでしか現れない筋肉の表情というのがあります。

 

骨も関節も筋肉も三次元で構成されており、立体です。

当たり前の話に思われるかもしれませんが、案外見落とされな部分であり、関節を動かすことでしか表出しない筋肉の硬さが存在し、それは動かさなければ感知できません。

 

関節の隙間に焦点を置く施術は他にもあります。関節のアライメントを調整するカイロプラクティックだってそういう施術と言えるかもしれません。(間違っていたら申し訳ありません。)

でも、マッサージや鍼をを起点としてそこに焦点を当てているのが僕の施術であり、だから患者さんに冒頭に書いた言葉をいただいたんだと考えています。

 

まだ考えが断片的だし他にも自分の特徴ってありそうなのですが、思いつきません。

とりあえずここで筆を置こうと思います。

 

f:id:acupuncturistontheship:20190131024506j:image

 

 

 

 

 

 

 

気管支喘息に手首のツボが効く!という考察

 

 

この症状にこのツボが効きます!

という謳い文句を、仕事柄よく耳にするというか、どうしても治療業界、しかも鍼の業界に携わっているとピックアップしてしまいます。

 

どの業界でもよく使われる言葉なんてのがあり、IT業界にいる人は違う謳い文句をよく耳にするんだと思います。

鍼灸の学生だった時や資格取り立ての時には僕もよくそれを参考にして施術していました。

 

ところが、年数を経て患者さんを診ていくようになると、この症状ならこれが効くはず!と思っているものが全く効かずに焦る。。。というシチュエーションは誰にでもあります。(逆になかったらすごい!)それでまた試行錯誤が続き、少しずつ施術家としての幹が太くなるというのが、施術家の現実でしょう。

 

船で働いていた時は持ってきた本も限られていたし、ネットの環境も限られていたので、自分で試行錯誤するしかありませんでした。

そういう中で考えていったのが「どうして気管支喘息に手首のツボが効くのか。」また、「どういう時に手首のツボは気管支喘息に効くのか。」ということです。

 

手足など末端にあるツボが首や肩、腰などの体幹にどうして効くのか。

全部とは言いませんがその理屈の大半は連動という概念で説明できると考えています。連動→連なって動く。(その全てのベースは呼吸と歩行だと個人的には考えています。)

末端と体幹が関係を持ちながら動きは成立し、末端は体幹体幹は末端へと力が伝わります。

つまり、手を振って前へ出ると、その力は前腕→上腕→鎖骨を経て体幹に伝わる。(上腕から胸郭というルートもあり。)

例えばスマホやパソコンのし過ぎで指の筋肉を使いすぎ、手首が内に捻られていたら、その内に捻られている力が鎖骨へ行き、体幹、特に上位肋骨へ伝わる。

肋骨が硬くなるということは、肺の動きも制限されてうまく呼吸ができなくなります。すると、元からアレルギー体質である身体であれば、喘息を引き起こしてしまうかもしれない。(アレルギー体質にならないように気をつけていれば喘息にはならずただの肩こりで終わるかもしれません。)

 

じゃあ全ての喘息に手首のツボが効くのかといえばそうではなく、「手首を内に捻る筋肉が硬くなり、上位肋骨の動きが悪い場合」に限るのではないでしょうか。

(それ以外でも条件しだいでは手首のツボが効くケースもありますが、それは手首と肋骨との別のつながりを説明しないといけないので今回は省略。)

 

これは勿論僕の考察であり、異論を唱える人もいるでしょう。でも、この症状にこれが効くと覚えるより、このツボはなぜこれが効くのかを考える方がどう考えても合理的だし、応用が効きます。

そうすることで、臨床で焦らなくてもいいように僕はなっていきました笑笑

 

これっていつも思うのですが、歴史の学習に似ているなと思います。ただただ人物名を覚えるだけじゃなくて、どうしてこの人物がこの時に出てきたんだろうというように。また、ソニーパナソニックが昔は白物家電を席巻していたのに、アップルがなぜ今世界中のシェアを伸ばせたのかを考えるように。

 

ツボの意味を考えることは世界の成り立ちの意味を考えるんじゃないか!

なんてたいそうなことを考える今日この頃です。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190125021635j:image

 

 

 

 

 

 

自分の感覚と客観視と

文章っていろいろな書き方があると思うんですが、最近気になったのが、自分の感覚を伝えるか、状況を客観視して伝えるかということです。

 

例えば怪我をして血が出たときに、
自分の感覚で書けば「道端で転んで怪我をした。膝からどろどろとした赤いものが流れてきた。」となるのに対し、客観的に書くと「道端で転んで怪我をした。膝をすりむいて血が出てきた」となる。

 

その後、歩いていて痛みを感じたときに、
「歩くと血が出たところから、いなずまのようなものが走り、膝から下が自分のものじゃないような気がする」
「歩くたびに転んだ箇所に痛みが走り、自分の体重をのせられなかった」

と書き分けられたりする。

 

ある女優さんのエッセーを読んでいるときに、この人の文章なんか素敵だなーと思っていて、どうして素敵なのかと考えたところ、一番はじめに書いたことに思い当たったわけです。

僕は堅い文章を書く人間で、例だと後者の書き方をブログでも日常生活でもしてきました。ちなみにその女優さんは前者のような書き方をされてるように感じています。

前者のような書き方を真似てみたときに感じたのが、「言葉は呪文だ」ということ。「どろどろとした赤いもの」ってもちろん「血」のことなんですが、「血」が誰にとっても同じように「血」であることは、客観的に伝えるという意味では正しいと思うのです。
でもその「血」ってどういう感じ、感覚なのかを考えると、人によって違ってきます。状況によってももちろん。そうなら「血」は「血」であるようで「血」じゃなくなる。

 

だから、その転んだときの「血」を「血」というただの記号で伝えないその時の「私の血」を文章として書くために、「血」ということばを使わずに血を表現する。
その時に、文章は書いた人独自の個性を持つんだろうし、小説家というのはその文章を紡いで物語を書く人のことなんじゃないでしょうか。

文章を書いて自分の独自の感覚を伝えるってすごく難しいなぁと改めて思います。

 

施術家でも、理論的に考えて身体をみる人と感覚を大事にして身体をみる人とにわかれる気がします。

僕はどうなんだろう。。。と考えたのですが、理論的に考えていそうで、最後は感覚を大事にしているなと思います。

 

カイロプラクターは背骨の骨の何番がどう傾いているかを分析して調整します。そこはとても理論的で、細かいところまで見る必要もあります。

僕はそれに挑戦しようと何度もしましたが、全然できない。ある程度のイメージを理論的に見ますが、そこまで精密にみる時間も集中力ももてません。。。

全体を触ってイメージを持って得た違和感からアプローチしていっています。

 

どっちが正しいのかはわかりませんし答えはありませんが、自分は全体のイメージから絞っていくやり方の方が性に合っている気がします。

精密さはもてていませんし、持つ努力はしていますが、どうしてもできないので自分に合うと感じるやり方で精緻さを持てないかなと今は考えています。

 

師匠に怒られる気もしますが、まあ仕方ないと諦めて頑張ります。

 

自分にもっと素直に。文章も自分の感覚を磨いて書いていこうかな。

 

f:id:acupuncturistontheship:20190114224903j:image

「身体が弱い」の考察。横隔膜と肝臓、胃、食道がどう繋がっているんだろう。

お題「マイブーム」

 

施術家にとって施術を考えるのは、マイブームという名のライフワークですが、前回に続いてお腹について考えます。

 

横隔膜の動きを撮影した動画があります。

www.youtube.com

 

これを見ると、吐く動き、つまり、横隔膜が縮まる(=上に上がる)動きは活動的に見えます。その一方、吸う動き、つまり、横隔膜が緩み下に拡がる動きはほとんど見られません。(付いている胸郭の底部より下にはほとんど下がりません。)

普段意識して呼吸をしてみると、少なくとも私にとっては横隔膜が胸郭より下に下がって大きく吸えてるなぁと勝手に思っていましたが、実際身体に起こっている動きは私たちが勝手に想像している動きとは全然違うことがよくわかります。

 

身体が弱っている高齢者や、そうでなくても体調が優れなかったり、元々身体が弱い人で胸郭と臓器とが離れているなと思う人がいます。胸郭の底部つまり、横隔膜がつくところがくっきりと浮き出ている方です。

どうしてこの方は身体が弱いのかなと考えていたのですが、この呼吸の動画を見て思いついたのが、吸う時に胸郭・横隔膜が密接に接続する胃・肝臓・食道をうまく押せないからだと思うのです。

 

オステオパシーという治療法にヴィセラルマニュピレーションというテクニックがあり、これは内臓が持つ独自の動きを回復させようとするものがあります。

例えば肝臓と胃の間には肝胃間膜というものがあり、この膜が何らかの理由で硬くなってしまうと、肝臓と胃はそれに邪魔されて独自の動きができません。この膜をセラピストの手で緩めて、独自の動きを回復させるわけです。

セラピストの圧でもって膜の圧・抵抗を感知し、その膜の硬さをとるわけですが、よく考えると呼吸という動作が胸郭と腹部臓器の隔たりとなっている膜を仕切りとして上と下が押し競饅頭のように押し合いっこしているわけです。

ところが、上記の方のように肋骨が浮き出ているとような方だと、横隔膜が胃や肝臓を押そうと思っても、うまく押せません。

つまり、硬くなってしまった肝胃間膜を横隔膜で押して緩めることが出来ないわけで、自分で自分の身体に対してヴィセラルマニュピレーションができないということになります。

それは自分で自分を治療する力が弱い→免疫力が弱いということになり、一般的に言われる「身体が弱い」人になります。

 

一方その逆もあり、特に今のような忘年会シーズンに多いのですが、食べ過ぎ飲み過ぎで、胃や肝臓が横隔膜を押し上げてしまい、胸郭にストレスがかかって肩がこる人。

食べ過ぎ飲み過ぎの方の肩こりというのは、独特の硬さがあり、初めにうつぶせで肩を触った時になんとなくわかります。

これはまさしく、押し競饅頭で腹部臓器の圧が勝り、上に圧を押し上げた結果といっていいでしょう。重力にも勝るわけですから、相当な圧であることは間違いありません。

 

お互い気をつけましょう。

 

呼吸の動画を見て抱いた違和感を実はこの1ヶ月ぼんやり考えていたのですが、今回ブログにするにあたってかなりクリアになりました。

文章にするというのはやっぱりいいもんですね。

 

f:id:acupuncturistontheship:20181211222624j:plain

 

内蔵の輪郭

最近施術をしていて、内蔵の輪郭が気になっています。

というより、以前からそういう変化が生じていたのに、気づいていなかったというのが正しいんだと思う。

僕の仕事が鍼や指を通して、身体に圧を加え調整していく仕事なら、どこかに偏っていた圧を解放することで、圧が分散して圧の足りてないところに移動する。

 

始めは弱っていたのでだらしなかったお腹にいつのまにか圧が集まってきて引き締まっていく。それは肩や腰に溜まっていた圧が移動していった結果ではないのかと思うのです。

(その一方で、輪郭が出て来たと思ったら、また少し緩んだりしている。これはうまくいったのかいってないのか。まだはっきりわかっていません汗。。。)

 

身体は部分と全体がお互いに関連しあいながら引っ張り合いっこをしているなぁとよく思います。

純粋な物理現象に対して、感情や記憶(外傷含む)が物理というものを超えた存在として圧の偏りを生じさせる。

東洋医学に気と血という概念があり、気が血を動かすなんて言いますが、それはまさしくこういうことを指しているのかもと思います。

 

便秘も考えようによれば、「腹圧が弱ったお腹に圧を生じてかろうじて身体が立てるようにしている」とも撮れます。そうであるなら、なぜ便秘が起きるのかの糸口になりそうな気がするのです。

じゃあ下痢はどうなんだろう。圧を保持すらできないのか。もしくは、圧を保持する必要がないのか。その両方か。

 

お腹に圧が戻ると、横隔膜が下がって、胸郭も落ち着き呼吸がしやすくなります。

深呼吸は深く息をすると書きますが、最近それは注意しないといけないと思っていて、「楽に」深く息をしないとかえって、息が浅くなるんじゃないのかな。

なぜなら、楽にしないと呼吸をさせようとする神経が無理に興奮してしまって、いたずらに交感神経を煽るからです。

 つまり、自分の身体が無理をしない範囲で深く呼吸をする。

これはやってみると、案外気持ちがいいです。

 

今日アトピーの人が来られたが、全体がむくんで圧の偏重がとてもわかりにくかった。内蔵が弱るというのはこのことか!という典型例だったと思う。一回では難しいけど、回数重ねればある程度改善できるはず。 

 

もっとうまくさばけるよう、さばけるよう。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20181127010604j:image

 

 

 

 

 

方法論より原理原則

お題「マイブーム」

 

人を施療し、改善が見込めるようにする。

その意味ってすごく広い。肉体的なものもあれば、精神的なもの、神経的なもの筋肉系、はたまたそれ以外。。。

 

それは複合的なものでその中でも得意なものお、自分が好きなものを選んで仕事にしていきます。

占いを通して施療する人もいれば、マッサージを通してする人もいるわけで。

 

僕はもちろん鍼灸師あん摩マッサージ指圧師なので、身体の組織(筋肉や神経、臓器などはすべて細胞なわけで)を勉強して施療するわけですが、組織をどのように勉強するかというのは本当に色々ある。

脈診や腹診、筋肉の起始停止などなどあげればもちろんキリがないけれど、その中で今ハマっているというかずっとやっているのが、骨です。

骨の解剖図を見て、ここにはこういう筋肉がこうついているとかを妄想する。

 

基礎中の基礎と言えばそれまでなのですが、だからこそ自分の中でまだまだ見落としていることがあり、その見落としていることが、身体にとってとても重要なことじゃないのかと改めて思っています。

例えば、この絵。(ネッターより拝借)

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20181024131008j:imagef:id:acupuncturistontheship:20181024131019j:image

 

肩甲骨から肘までの写真で、筋肉がどこについているかを色分けしています。

これで僕が注目したのが、上腕筋と上腕三頭筋

よく見ると肘より上の上腕筋の下半分はこの2つの筋肉に包まれていることがわかります。

上腕筋なんてのはあまり僕の中では施術のアンテナにひっかからなかったのですが、こうみると肘の安定性においてとても重要な機能を果たしているんじゃないかと思うのです。(そんなことは知ってるわ!という声も聞こえてきそうですが。)

 


解剖の教科書だけではわからないことというのが、骨の形や筋肉の位置情報をみることでみえてきます。そしてそれは、言葉だけを羅列して覚えるより生きたものとして僕の中に出てきます。

治療法という方法論をたくさん知るより、骨に事実として存在する、身体の原理原則を知る方が応用も効くし大切なんじゃないかと思う今日この頃。

 

 

 

精神的なものが精神を隠してしまう

お題「最近知った言葉」

 

この言葉をご存知でしょうか。

MixBというサイトでロンドンで本を引き取った時に、河合隼雄さんの対談集「こころの声を聴く」を偶然いただいて、その中で白州正子さんと河合隼雄さんの対談の中で出てきた言葉です。

白州さんの「いまなぜ青山二郎なのか」という本の中で青山さんが元々言った言葉らしいけど、対談集を読んでいて、心の裏側をぐっと掴まされたような気持ちになった。

青山二郎 - Wikipedia

 

この言葉は本当に色んな意味を持っていて、人によってもきっと捉え方が違うと思います。

僕はこの言葉を自分なりにどう解釈して日記に残すかうまく言えないので、代わりに最近体験したことを例として書いてみようと思います。

以前、鶏をさばいた日記を書きましたが、その友達の家に先週行ってきました。

動物が肉になる、その行為はまさしく「精神的なものと精神との差」の1つだと思うけど、その友人の家で今回彼の育てている畑を手伝ってきた時の一こま。

 

さつまいものつる返しって知ってますか?

サツマイモのツルが伸びすぎて歩く場所がなくなってきました。ツルを切るの... - Yahoo!知恵袋

僕は全く知らなかったのですが、さつまいもは地中に塊根としてさつまいもを育てますが、地上には葉っぱが育ち、つるが地面を這うように伸びます。

そのつるが地面に付くと、そこからまた水分を吸い上げようと根を生やすのです(そこにさつまいもはできません)。根が生えてしまうと、塊根としてのさつまいもに栄養が行き渡らないため、芋が小さくなってしまう。

それを防ぐために、つる返しと言って、つるから根が生えるのを防ぐために、地面からつるをあげていく作業をします。

 

畑に入って作業をするなんて、人生で初めてでした。家庭菜園を実家ではやっているため、それを手伝うことはありましたが、さつまいもなんて育てたことはありません。

つる返しをさせてもらってほんとに実感したのが、さつまいもは生きるのに一生懸命だということです。

鶏をと殺する時に、僕らが捉まえることから逃げるのと同じように、さつまいものつるは自分たちが育つように地面に触れれば根を生やす。

つるを地面からひっくり返したらわかりますが、彼らは生き延びるために本当に一生懸命になっていることを実感します。

そして、その一方で、食べ物としてのさつまいもをよりよく収穫するために、人はまたそれに対抗しようとする。

 

さつまいもはただ本能のままに地面一杯に自分たちのつるを葉を拡げていきますが、その本能をうまく調整してやって、人がさつまいもを大きくし、収穫する。

それは植物と人間の会話のように感じられました。

 

その一生懸命に生きるその様はまさしく「精神」だと思うのです。

「栄養たっぷりの野菜」とか、オーガニックの野菜は人工的に作られた野菜や農薬まみれの野菜なんかより「生命力がある」とかなんとか、色々な飾り言葉を目にします。

でも、そんな「精神的なもの」を言う人はその「精神」をどれだけわかっているのだろうか。

地面に根を一生懸命早そうとするいもとその生命そのものの「精神」に勝てるはずがない。

 

本当に美味しい肉を食べたことがある人と、自分で殺めた肉を美味しいと思うこと。そこには大きな、本当に大きな差がるのではないでしょか。

 

わかりやすい言葉に僕らは往々にしてだまされてしまいますが、その「精神的」ではない、その「精神」に少し近づけたとき、いかに精神的なものが見せかけで言葉に重みのないものかが、すぐにしてわかってしまうように思います。

もちろん、農家の方が「精神的なもの」を消費者に伝えることがあると思いますが、そこにどれだけ「精神」が反映されているか、また、その言葉を受け取る側にも「精神的なもの」ではなく「精神」を拾い上げる度量がなければ伝わらないと思います。

 

偉そうなことをつらつら書きましたが、精神を少しでもわかって、優しい人間になれたらなと日々思います。

 

f:id:acupuncturistontheship:20181010140653j:plain

 

f:id:acupuncturistontheship:20181010140815j:plain

 

山には、登らないとわからないことがある@Ben Navis, Scotland