英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2017年からロンドンで治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

身体の畑を耕す

 治療をどういう形で進めていくか。

それは患者さんがどういう治療を求めていくかによるのだと思います。

 

例えば、ギックリ腰や寝違えの時に来られる方は、痛い時にだけ来てそれ以外は来られない。

とても凝ったなぁと感じた時に来られる方もいれば、定期的に来ることで自分のメンテナンスを常にされておられる方もいます。

 

その患者さんの身体に対する価値観や自分のお財布状況などなど、諸々でどういう治療を求めるかが決まるのだと思います。

 

ある患者さんに言われて自分のやり方に気づかせてもらったのですが、僕のやり方は畑の耕し方でいうと焼き畑に近いのかなということです。

 

痛みの除去を目的に来られた方の場合、どういう形であれ痛みが取れれば結果が得られたということになりますが、内科的疾患の場合、その指標が得にくいことがあります。

舌や脈、腹などでもって治療者側が改善がみられたということで治療を終え、それを複数回重ねていくことで、内科的疾患の状態が改善され、治療の効果があったと患者さんの方が納得する。

そして、その効果に対してお金などの投資に見合わないとなれば患者さんが来なくなる。

 

大和整體という手技が日本にあり、そのセミナーに何度か参加させて頂いた時に代表の方が「私たちは派手さはない地味な技で施術します。数々の手技が一回の施術で大きな変化を出すものを目指すなら、私たちは大きな変化が出てもまた戻ってしまう技を目指すのではなく、毎回少しずつでしかないかもしれないが確実に変化を出す施術を目指す。」と仰っておられました。」

例えて言うなら、格闘技で一発KOを目指すのではなく、ローキックやボディで確実に攻めていくようなものだと。僕はこの考え方が好きで、あまりこういうことを謳う施術法ってないなと思います。

彼らはこうすればこうよくなるという図式があり、脈のように主観で判断するのではなく、患者さんもその変化に小さいながらも気づいていけることでさまざまな疾患に対応すると言うことでした。

これは僕は整動鍼にも通じていくところがあって、治療において相互が納得しながら進めていくことは可能じゃないかと考えています。

 

例え施術家の判断で脈がよくなったと判断しても、患者さんが納得していなかったり、よくなった脈がすぐ戻り状態が中々改善しないこともあります。

焼き畑に戻りますが、患者さんの体力を加味していけそうだなと思えば、僕は割に内科疾患をメインにされておられる方でも肩や腰のコリをまずきっちりとっていきます。

そこからでないと、良くなる土台が作れないように感じるからです。

 

畑を耕すのに、丁寧に手作業でやっていけばいつか畑は耕されるのかもしれませんが、まず畑に生えた雑草などをばっと取り払ってから作物を植える方が、早く畑から植物が芽を出すように思うのです。

 

患者さんとの会話を通して、自分の治療スタイルや好みを知ることって結構あります。

面白い気づきでした。

 

f:id:acupuncturistontheship:20190715205158j:image

 

「ツボがある本当の意味」刊行に寄せて。整動鍼との出会い

鍼灸師になって1年目に僕はクルーズ船で働き始めました。

3年間の学生生活で鍼灸学や解剖学、生理学などの基礎を修了して国家試験をパスし、晴れて人前で鍼灸師あん摩マッサージ指圧師として名乗れるようになって8ヶ月後の12月。

僕はカリフォルニアのロングビーチというところで行われたクルーズ船に乗る鍼師のための研修を終えて、ニューヨーク経由でカリブ海に浮かぶプエルト・リコに向かいました。

 

その時点で僕は整動鍼を知りませんでした。

鍼灸師になる前から頼み込んで研修に行かせてもらっていた先生は漢方薬と東洋はりという脈診をベースに鍼治療を行なっておられた方で、あとは中医学をベースにされておられた先生のもとで僕は勉強をしていました。また、自分なりに北辰会の本などを読んでもおり、それらが治療の軸となっていました。

 

クルーズ船という場所は陸とは違います。例えば、1週間という期間の中で何かしらの結果を出さないといけません。しかも、一回150ドル。1ドル110円として16,500円ですね。50分で。しかも、なんなら同時に二つのベッドを回します。

 

その中で僕が学生時代と合わせて3年8ヶ月学んでいたことは、正直にいうと歯が立ちませんでした。僕の勉強期間が短く、未熟だったことは認めます。英語もタジタジでしたし。

それでも自分なりに脈や舌、お腹を確認しつつ弁証論治を立てて自信があったものの、「なんとなく良くなった気がする。」という反応が多かった。

「なんとなく」って、どこまで患者さんは僕の治療に納得して150ドルも払ってくれたのかなと、ずっと罪悪感を抱えていました。

 

ある鍼灸師の方は、痛みが取れなかったとしたら、痛みが来る前に来なければならない。だから、1日2回、毎日通えば痛みが取れると説得していたと聞きました。

僕はそれにどうしても納得がいきませんでした。最低でも3ー5回である程度痛みが取れないようなら、患者さんではなく僕に落ち度があると、鍼灸師1年目ながらに勝手に思っていました。

船で稼ごうと思えば、前者のような考え方をする必要があると思います。

その患者さんと会うことはほぼ一生を通じてありませんし、1週間という期間の中でいかにその患者さんからお金をいただくかという視点で物事を考えなければならないからです。そういう意味では、僕はクルーズに向いている鍼師ではありませんでした。

 

プエルト・リコでのクルーズは1週間のものが多く、新しいクルーズが始まるたびにマネージャーは鍼師、美容師、マッサージ師など各クルーに割り当てられた目標金額を前にして叱責します。もちろん、僕は中々達成できませんでした。苦い思い出です。。。

 

達成できなくてもいいので、自分で納得のいく治療をしたいなと思う中で、治療の情報に飢えるようになりました。スーツケース2つしか船には持ち込めないため、持っていける本は非常に限られます。

 

前置きが長くなりましたが、そこで出会ったのが整動鍼(当時の古武術鍼法)です。

 当時は栗原先生の書かれたブログの一部に先生の身体に対するアプローチが載っていました。港に着いた時にネットカフェに立ち寄り、数ヶ月分自分のパソコンにコピペをして船で読み漁るということをしていました。

船にいるので、もちろんセミナーには参加できません。どこをどう刺せば身体にどういう変化を起こせるのかなど具体的なツボはその時点で知りませんでしたが、そういう身体の見方ができるんだという尺度を得たことは自分にとって大きな自信になりました。

例えていうなら、「メッセージ」という映画で、宇宙人が何を人類に伝えたかったのかを言語学者が理解した時のような感動というか、ハッとした感覚です。

メッセージ (映画) - Wikipedia

 

船で整動鍼に出会ってから5年ほど立ちますが、「なんとなく良くなった。」から、「あー、良くなりました!」と言う声が患者さんから少しずつ増えるようになりました。

 

 栗原先生ご自身が、バルセロナでお会いした時に、「こういう考えをしている人がいるなら僕が出会いたかった。」ということを確か仰っておられました。

僕はこうして先生の考えや、先生の考えに基づくツボの取り方を学ばせてもらっているだけですが、先生が何もないところから生み出すために費やされた時間というのは膨大なものだったのであろうと思うばかりです。

 

 本の刊行おめでとうございます。

「理論しか書かれてなくて、実際のツボなどの情報や臨床のことが書かれていない。」というコメントをされた知り合いの鍼灸師がおられました。

 

でも僕は思うんです。

どういう考え方で施術をするのかというバックボーンを理解することは、ツボを理解するより大切な側面もあるんじゃないかと。それは経絡の後ろに臓象論や陰陽五行思想があるように。

その背景があってのツボや使い方なわけですし、ただツボを知るというのは、ウェブサイトの記事を読むにあたってタイトルだけ見て中身を読まずにわかった気がするような現象に似ている気がします。

DVDも出るとのことなので、これと合わせて知れればいいのではないでしょうか。

  

滅多に人は褒めない僕ですが汗、以上、宣伝という名の応援でした。

 

 またよろしくお願いします。

 

f:id:acupuncturistontheship:20190606170754j:plain

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190606170902j:plain

 

ガンマンとの決闘と手の腱鞘炎と女性美容師と

迷って迷って迷って、探して探して、決断して打つ。

 

鍼治療ってこの繰り返しです。

たかが肩こり、されど肩こり。

「こんな腰痛すぐに治せるな。」と思ったのに、全然良くならないぞ。。。

 

こんな日々を繰り返しながら、「どうしてここに痛みがあって、痛む場所とは違うここに硬いポイントが出てきてるんだろう。」という身体のパターンを学んでいます。

 

先日来た腱鞘炎の患者さん。

美容師の方で、普段はアシスタントに任せているシャンプー作業を自分でやったら痛みが出たとのこと。

僕の今までの経験から脊柱のコリを丁寧にほぐせば痛みが取れていたので、そこにアプローチするもイマイチ改善せず。

 

西部劇で2人のガンマンが銃を持って撃ち合いをするシーンってありますよね?鍼治療ってその決闘に近いようなイメージを持っています。

相手の症状という名のガンマン(表現悪いか。。。)に対して、自分の持っている銃に込められた弾でどう対応していくか。

その弾の数が多ければ多いほど、症状をうまく改善できます。

そこには相手の症状の評価という、ガンマンの特徴を見極めるという仕事も必要ですが、「自分なりに評価が出来た。」と思っていても、なかなかうまくいきません。

だからこそ、「こういう時にはこのツボを使う。」という銃弾の数が必要なのです。

 

その腱鞘炎の患者さんは背中の調整でうまくいかずに焦りはしましたが、初心に戻り手首の動きを1から評価し直すことに。

腕というのは肘を境に上腕と前腕に分かれ、上腕部は上腕骨、前腕部は尺骨と橈骨に分かれています。

大ざっぱに言えば、肩からの力が前腕で2つにわかれ手首から先でより細かく分かれていきます。1→2→多数という伝わり方をします。(それは足でも同じです。)

それがうまく伝わらなければ、力のかかり方に偏りが出て、痛みが起きることが多いです。

 

その方の場合は尺骨と上腕骨の接合部に負荷がかかっていて、その負荷を鍼で取り除くと痛みが一気に改善しました。

女性は男性に比べて上腕骨に対して前腕が外側に向いていることが多いです。そのためそこに負荷がかかりやすい。そのことを改めて思い知らされた症例でした。

女性の美容師の方は是非覚えておいてほしいなと勝手に思っています。

 

自分の持っている弾がまた増えたなと思うと嬉しい限りです。

自分での今までの判断で捉えきれなかったからこそ迷いが生じ、その中でまた決断を下して、弾が増えたと自画自賛していたら、また迷うんだろうな。

 

治療はこの繰り返しです。

おいガンマン、いつでも待ってるぜ笑

 

f:id:acupuncturistontheship:20190524012416j:image

時々やってくる試練

施術を365日していると、時々試練というようなものがやってきます。

 

日本にいるときに受けたセミナーで講師の方が言っておられた言葉があります。

「ある良くなった患者さんが、紹介してくださった患者さんの症状が良くなった症状より難しいことがある。その時にその難しい症状を良くできないと、紹介してくれた患者さんも来なくなって、閉院に追い込まれる。開院してから少し忙しくなってきた頃に、閉院してしまう治療院はこういうケースが非常に多い」

 

星の数ほどある治療院に縁あって来てくださった方の紹介ほど、私たちにとって忙しくなるための確実な拡がり方ってありません。

でも一方で、紹介するというのは紹介する側にも責任があり、紹介された人の症状が良くならないと次また来なくなったりします。しかも、紹介された人が紹介した人より難しい症状のことがある。

私も何度もそういう機会があって、紹介した人もされた人も来なくなってしまったことがありました。

 

紹介ではありませんが、普段定期的に通って来てくれる方が、突然症状が出てこられることがありました。

 

普段は腰痛のメンテナンスで来られる方が、2週間ほど前にスイスへ登山に行き、帰ってくると、突然左を向いた時にものが2重に見える、いわゆる複視の状態になってしまった。

ということで1週間前に来院されました。

 

目の動きを確認するも、取りたてて異常はない。ただ、言葉では説明しにくいのですが、左の目の周りが窪んでみえる。左の目の周りの骨が圧縮してる感じというのでしょうか。

私にできることはその圧縮された頭蓋を解放することだと思い、その圧縮の原因となりそうなところへ鍼と手技でアプローチ。

複視自体は変わらずも、頭蓋の骨がある程度戻って来たところでタイムアップ。

 

その方が昨日また来られたのですが、「1週間前にはかなり頭痛がしていたのが、今はかなり良くなった。MRIなので検査をするも異常はなし。まだ複視は残っているが続けてみる。」とのこと。

 

圧縮自体は先週よりも実際かなり改善していて、複視も改善されたのかと思っていたのですが、そこは改善されてなかったのは悔しいところ。

今回は上位頚椎のズレをメインに据えながら、僕が原因のように思う圧縮の解放に再度取り組みました。

 

ここでまた、僕が日本に勤めていた時の院長が言っていた言葉が蘇ります。

「慢性疾患を治療する時にやってしまうことの一つが治療方針を早めに変えること。結果が出ないことを焦るばかりに治療方針(=使うツボ)を変えてしまうと、結果が結果的に出なくなってしまう。」というものです。

 

人間の性質ってそんなに変わるもんじゃないです。すぐに変わるなら、もうとっくに自分を変えられているはず!なので、自分の病が出て来やすいところ、つまり、使われるツボもそんなすぐには変わりません。

今回も2回目ですが、この曖昧な圧縮の解放の方針を変えることもできますが、僕はやはりそこが気になる。

 

ということで、治療方針は変えずにアプローチしたところ、頭蓋の圧縮はかなり改善。複視の改善は見られませんでしたが、あそこまで戻れば視交叉の障害要素(例えば、血塊などの阻害。恐らくとしか言えませんが)を取り除けたのでは。。。と期待しています。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190430191352j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20190430191612j:plain

 

自分の感覚で施術をすること

患者さんの身体および症状があるなら、それがどうすればよくなるかは「何故それが起きたか」がわかればよくなるはず。

 

それはどういう尺度であっても(理屈では)いいはずです。つまり、脈の診断を基にしたものとか、椎骨のズレを基にしたもにとか、などなど。そしてどういう手段を用いても。

全ては「なぜそれが起きて、どういうことをすればその症状がどう戻るか。」がわかればです。

 

あるSNSのコミュニティの書き込みで「てい鍼」、つまり、刺さずに刺激を与える鍼を批判するものがありました。

その提起に対して様々な議論が交わされましたが「身体の状態を読みきってしまえば、どういう鍼を使おうが問題じゃない。」とか「自分の感性や能力が一番発揮できる道具や技法を用いればいい。」というコメントがされてて、目から鱗でした。

 

つまりはそういうことだと思ったのです。

身体の状態を正確に判断できればいいだけの話なんだと。

 

今まで、ある症状を持って来られた患者さんに対して、自分の持っている知識や、惹かれる内容(これが知識になりやすい)を当てはめて理解しようとして来なかったかなと思います。

それはある程度仕方のないことだとは思うでも、「患者さんの状態を読み」きろうとすることに対して自分の尺度を当てはめすぎたんじゃないかなと、痛感しています。

その場合、ハマれば患者さんの信頼を獲得できて、また来ていただいたり人を紹介していただけそうですが、ハマらなければそれまでですし、そもそも良くなりません。

 

症状を改善する手立ては、患者さんの身体から発せられるもの(表情や声など全てを含みます)に必ずあるわけですが、それを自分の尺度で観ると見落としてしまいます。

触れた時点で身体との対話が始まるなら、自分の尺度という意識が人に向かう時点で、もう何かを観れていないように思います。

 

妻から「あなたは自分が正しくないと思うものは、ぼろくそに否定する。」と言われました。その意識って、絶対に患者さんに伝わってる筈だし、患者さんの状態を正確に判断しようとする上で、妨げの大きな要因になっているに違いない。

 

こういう意識で改めて身体を触れていて思ったのが、皮膚という表面だけで言えば、例えば50分という時間の中で全て触れることはできます。軽く触れるだけなら1分でできます。

深さを別にして、外から刺激を与えるという意味では、1分で全てに触れて判断して、刺激を与えるところを探すことも不可能ではないはずです。

また、どんなセラピストも身体の皮膚全てに触れた=つまり、ある症状に対して効くであろうツボに触れているはずです。

 

それなのに見逃しているから、あるセラピストは症状を軽減できるのに、あるセラピストはできないということになるわけです。

自分の尺度で見てしまうからそこを見逃してしまうんじゃないかなと思うと、毎回新鮮に身体に触れたいなと思う次第です。

 

ここまで書いた時に、ラジオで大竹まことさんが言ってました。

「コントの一番大事なことの一つは、毎回初めてやるつもりでやることだ。そうじゃないと誰も笑わない。」と。

 

なんだか、それにどこかで通じてるんじゃないかなと思っています。

 

f:id:acupuncturistontheship:20190418010119j:image

三菱重工をやめて、鍼灸師になって、クルーズで働いて、ロンドンで働けたことをどう考えよう。その2

その1の続きです。

 http://acupuncturistontheship.hatenablog.com/entry/2019/03/08/032931

 

前の記事を見ると、時々同じことを考えてるなと思います。自分をやっぱり運命論者だと思ってるんだろうな。。。

で、運命論者ってどういう意味だろうと思ったら、運命論者という言葉はなく、国木田独歩氏の作った小説があるだけなんですね。

しかも青空文庫でタダで読める。

これは読むしかない。

 

https://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/336_15957.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/宿命論

 

まあ興味があれば、続き読んでみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の場合だと、

1) 三菱重工時代に全く上司との関係がうまくいかなかった→初めて鍼灸を受け感銘を受けることができた。関係が全くよくなかったから会社をやめる決断ができた。(会社自体は残業代も出るし、休みもあったり、ぬるい(?)会社だったので辞める理由はなかったと思っています。)

 

2) 会社のあった地域が父親の先祖が住む土地だった→スピリチュアルな話になるかもしれませんが、父親の家系は医者の家系だったらしく、僕の父型の親戚筋には誰も医療系の人はいないのに、なぜか僕と弟はその業界の職についた。この仕事は先祖に導かれた気がずっとしています。

 

3) 勤めていた鍼灸院の院長と揉めて辞めざるを得なくなった→ずっとこのまま勤めて日本で開業なんてことも考えていたのですが、辞めた時に「ここで海外に行く機会がなければ、次はもう一生来ない。」と不意に思い海外へ行く手段を探す。

 

4) 船を降りる決断をした時に、イギリスでビザを出してくれる会社を見つけた→ずっとネットを探しててようやく見つけたサイトのしかもほんの片隅にそういうことをちょろっと書いてある記事を見つけ一か八かで応募したら面接まで行って受かった。今振り返ると、このタイミングでイギリスに来ていなかったら働けなかったし、日本に帰国して2日後に僕の住む神戸へ行く用事があるから面接を受けるかと言われて首を縦に振らなければ、全てが遅れて、うまくいってなかったと思う。

 

5) 奥さんを見つけた→初めて出会って2週間ほどで付き合い出し3ヶ月後に同棲、7か月後に結婚とお互いびっくりするぐらいの展開でここまで至った。彼女が永住権を持っていたため、イギリスでずっと住むことになる。

 

この1ー5がこの10年でのターニングポイントになりました。たまたま起きただけなのか、何かが引き起こしただけなのか。正直わかりません。

 

人は自分の人生を肯定したがるものだし、過去の点と点を線にして今の「私」を確認したがるものだと思っています。

それは正しいけど、正しくない。良いことを解釈する時にはいいけど悪いことを解釈する、特に生まれた環境(例:暴力を振るう親の元に生まれた)をどう解釈すればいいのかがわからないからです。

それでもなお意味があって生まれたと人は言うのかもしれませんが、僕がその立場だったら、そんな運命の元で生まれたくありません。

色んな患者さんの過去の話を聞いていると、本当にそう思います。

 

波乱万丈な人生を送っている患者さんが「自分の人生のバイオロリズムが底まで来て初めて人は足を地面につくことができて上に上がれるんだ。」と言っていました。

確かにターニングポイントを見返すと1と3が底で鍼灸師になったり海外で働いたりと大きく人生が変わったなということに気づかされます。

 

次にいつ底が来るんだろう。もう来ないのか、それともまた来て這い上がるのか。

毎回自分が成長できていれば違う井戸に落ちて、違う底になれそうですが、成長できてなければ同じ底に着くように思うな。

 

まずは奥さんへの小言をやめよう。。。

 

 

運良くイギリスに残れた患者さんが言っていました。「おこがましいと思われるだろうけど、日本に戻らなければならなかった人の分も働いていたい。」

 

僕も心のどこかにそのことを刻んでおきたいなと思っています。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190322021825j:image

 

三菱重工をやめて、鍼灸師になって、クルーズで働いて、ロンドンで働けたことをどう考えよう。その1

昔はとても簡単だったそうですが、今はとても難しくなった、イギリスで働くということ。

 

僕は2012年にクルーズ船で働き始めましたが、その時28歳。海外で働いてみたいということでイギリスのワーホリに申し込んだもののあえなく落選したので(イギリスは他の国と違ってワーホリは抽選なのです汗)、他に選択肢がなかったためクルーズ船で働くことにしました。

そこで3年間働き、次はもういいかなーと思って色々仕事を探し始めました。ちなみに、もう30歳を超えていたので、ワーホリは申し込めません。

 

友人に聞いたり、ネットで検索したりなどあらゆる方法で検索していたところ、偶然に仕事先を見つけロンドンへ移住することになりました。そして、こちらに長く住む日本人の人と知り合い、結婚してロンドンに住むことになる。

 

ざっとまとめると、大学を出るまで海外になんとなく出たいなぁぐらいしか思っていなかったのに三菱重工をやめて鍼灸師になってクルーズ船で働き、ロンドンで定住することになる。20歳中頃からの10年間が怒涛すぎてよくわかりません。

何となく流れに乗っていたらここまで僕は来たわけですが、どれだけイギリスに滞在したいと思っても滞在できずに日本に戻る人がいたり、別にイギリスに滞在したいわけじゃないけどなんとなく滞在している人もいたりします。「本当に運がいいね。」ととても贔屓にしていただいている患者さんには言われますし、自分でもそう思います。

 

 

こういうことをどう解釈すれないいのでしょうか。

僕は今までオノ・ヨーコさんの作品である”War is over, if you want”のようなものだと考えています。つまり、本当の本当に望めば、それは叶うんだと。

もちろん海外で働くことって簡単じゃないし、「海外で働く」というのは何かを言っているようで言っていない。つまり「和食を食べたい。」と海外に住む外国人が言ってるようなものだと思います。

(でもそれは進撃の巨人で「海を見たい」とアルミンが言うように、僕らの心をときめかせざわつかせますよね。)

 

でもこうも思います。本当の本当に望めば全員が全員プロ野球選手に慣れるのか。そんなこともありません。

プロ野球選手になること」と「海外で働く」こととに違いはあるのか。僕は本質的に違いはないと思ってて、準備と一瞬の判断なんじゃないかなと思っています。

準備に必要な量、質は違えど、何事も準備を重ねていれば、自分が望む風が吹いた時にその風に乗れるのではないでしょうか。

 

振り返ればという話になってしまいますが、ここに至るまでには色々なドミノの牌があってそれが、今ある方向に倒れてきたように思います。

 

続きは長くなったので次回に。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190308032917j:image